老化を防ぐのはアミノ酸
老化防止ナビ

老化を防ぐのはアミノ酸

老化を防ぐ食べ物

活性酸素と戦うのスカベンジャー

空気中の酸素は体内に入って、活性酸素という物質に変化します。
この活性酸素が身体を錆させてしまう原因になると、トップページでご紹介してきました。
本来活性酸素は、体内に侵入した細菌やウイルス等の敵からの攻撃から身体を守る為に、白血球が作り出す物質です。 活性酸素により、一つの細胞が錆ると、その細胞は次々に周りの細胞を酸化させていきます。

活性酸素により細胞が錆て行くと、内臓や皮膚、骨等のあらゆる組織にダメージを与えます。
身体の錆は、老化や癌や生活習慣病等につながると云われています。
生活習慣病は、遺伝や家系等が主な原因と云われていましたが、研究が進むにつれ、生活習慣病の90%が活性酸素が 原因ということが分かってきました。

スカベンジャー(Scavenger)は、廃品回収業者の意味で、文字通り身体の中で生じた廃棄物でもある活性酸素を、 無害なものに変える働きをします。また、抗酸化物質とも云われ、体内で作られる酵素と、体外から摂り入れる物質の 2種類があります。体内で作る酵素の方は、活性酸素と結びついて害の少ない物質に変化させます。 代表的なものに、SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)、カタラーゼ、グルタチオン等があります。
20歳代をピークにして、スカベンジャーを体内で作る能力は徐々に低下してしまいます。

この3つの抗酸化酵素は、タンパク質やミネラル(亜鉛、鉄、銅、セレニウム、マンガン)等を原料にして作られます。 この3種類の酵素が、お互いが関連し合うことで活性酸素と戦うことができるのです。
亜鉛や鉄と等のミネラルは不足しがちですから、食事ではできるだけ意識してとりたいものです。

ミネラル
ミネラルは、身体を作っている元素の0.04%程に過ぎないのですが、種類は43種類以上と考えられ、それぞれが大切な役割を担っています。 身体の70%を占める水を活性化させるのはミネラルの重要な働きです。
また、酵素や酵素の女房役のビタミンが働くためにもミネラルが必要です。
更に体内の化学物質や、電磁波までも退治するという、素晴らしい働きを持っています。
ミネラルは命にとってそれほど重要なものなのです。

○亜鉛
亜鉛は、酸化され易い細胞を守る働きがあります。加工食品等は体内から亜鉛を排出したり吸収を阻害する食品添加物を 含むものがあり、現代人や子供は亜鉛不足になりがちです。意識して取りたい栄養素です。
亜鉛を多く含む食べ物といえばカキが有名ですが、食品全体で見ると肉類全般に多く含まれる他、胡麻やアーモンド等の 種実類や豆類、魚介類、卵類等にも沢山含まれています。

○セレン(セレニウム)
活性酸素を抑制する抗酸化酵素の合成に必要なミネラルです。亜鉛と一緒にとるとより効果的です。
細胞膜等に含まれる不飽和脂肪酸は酸化され易く、酸化されると過酸化脂質という有害な物質に変わって組織を老化させ 動脈硬化の原因を作ります。セレンは、過酸化脂質を分解する時に働く酵素の成分で老化防止に働く役に立つ助っ人です。 また免疫機能を高め、癌に対する抑制効果があるとして注目されています。
イワシ丸干し、シラス干し、小麦胚芽等に多く含まれています。

TOPページに戻る