万全のガン予防対策

ガンは日本人の2人に1人
ガンは日本人の2人に1人が発病する国民病といわれています。しかも、健康診断ではガンは見つからないともいわれていますよね。

健康診断は、病気の危険因子があるかどうかを見るものであり、そもそも特定の病気を発見するものではなく、生活習慣病の予防を目的とした健診になります。

そこで健診とは別に、ガン予防対策が必要であると考えられます。ご紹介させて頂きたいのが、ガン予防クラブです。ここでは、ガンリスク評価が実施されます。

医学界で注目のアミノ酸ALAを活用したガンリスク評価で、医療機関に行く必要はなく、また腫瘍マーカーなどの血液検査とは異なり、体に苦痛を与えない非侵襲的な尿検査です。自宅で簡単に受けられる検査です。

尿中のアミノレブリン酸関連物質と酸化ストレスマーカーを測定することにより、ガンのリスクを統計的に評価して提示されます。この評価は、従来の画像診断や血液検査等に代わるものではなく、それらの検査を補完や、検査の必要性を確認する目的で実施されます。

統計データと検査結果との比較にもとづいて、ガン疾患リスク情報が提供されます。

【PR】国内製造だから、子どもにも安心【純度99%のCBDオイル】

ガンリスク評価は、会員制のガン予防クラブに付帯したサービスになります。このクラブは月々3,480円(税別)からの有料サービスになります。無料の資料請求ができますので、興味のある方は是非ご利用下さい。


サービス利用者の感想
※あくまで個人の感想です。効果を保証するものではありません。

《40代女性》
夫の勧めで夫婦で入会しました。直前に受けた乳ガン・子宮ガン検診でも何の異常もなかったので、気楽な気持ちで検査を受けました。しかし、結果はD判定。まさかと思いましたが、念のため人間ドックに行き精密検査をしたところ、なんと甲状腺に腫瘍が見つかり、後日ガンと診断されました。

ガンとの診断を受け大変ショックでしたが、幸い早期発見とのことで、大事にはいたらず今も元気に生活でできています。検査を受けなければどうなっていたかと考えると本当にゾッとします。手軽にできる尿検査ということもあるので、友人に勧めようと思っています。

《50代男性》
毎年受ける健康診断で異常なし。ガンリスク評価の判定結果がCでしたので、念のため全身のガン検査をしてみました。すると、大腸にポリープが見つかりました。医師からは「このまま放っておいたらガンになる可能性が高かったから、早期発見のうちに取れて本当に良かったですね」と言われました。

更に、腫瘍がガンになっても自覚症状はほとんどないとも言っていました。ということは、ガンリスク評価をしていなかったらガン検査をすることは無かった。自覚症状が現れてから病院で発覚していたら、今の生活は送れなかったのかもしれません。

【PR】国内製造だから、子どもにも安心【純度99%のCBDオイル】