タンパク質で体ごと強くなる!

栄養が不足?
若々しい血管や免疫力は、自分はもちろん、両親や家族がいつまでも介護いらずの元気な体でいるためのカギとなります。それを実現するためにとても大事な役割を果たすのがタンパク質です。

特に高齢者にとっては、肉などを食べる機会が減り、体がタンパク質不足になっている方が少なくありません。タンパク質たっぷりの食事を意識して摂りたいですね。

厚生労働省が毎年行っている国民健康栄養調査の結果から推計すると、70歳以上の3~4人に1人が低栄養(栄養失調)の恐れがあることが分かりました。

低栄養になると、心筋梗塞や肺炎になったり、介護が必要になったり、死亡するリスクが高まることが様々な研究で分かってきています。では、一体どうすれば低栄養を防ぐことができるのでしょうか。

卵や大豆、魚、肉などの食品を積極的に食べることが推奨されています。特に肉は体内のタンパク質を効率的に増やすのに優れています。60歳を過ぎたら、低栄養に注意して頂きたいです。

【PR】プロテオグリカン配合サプリ


低栄養のおそれ
自分では気づきにくい低栄養ですが、健康診断などの血液検査で知ることができます。それがアルブミン値という検査項目です。

アルブミンは血液中のタンパク質であり、体にタンパク質が足りているかどうかの目安になります。

これまで国内外の様々な疫学的調査から、アルブミン値が4.0g/dLを下回ると様々な病や症状が現れる危険性が高まることが分かってきています。

人間ドックや健康診断ができる施設でアルブミン値は検査できますが、検査項目に含まれていない場合もあるので、事前に確認して下さい。

【PR】プロテオグリカン配合サプリ