脳のゴミをとる

寝つく時はどんな姿勢ですか?
寝つく時は、自分が一番好きな姿勢をとると眠りやすくなるようです。その時の姿勢は、色々な調査の結果では横向き、仰向け、うつ伏せの順番に多いということです。仰向けで眠るのが正しい眠り方だ等の思い込みがあると、眠れなくなるかもしれません。

利き腕と向く方向に関連があるようで、右利きの人は右を下に、左利きの人は左を下にしがちです。これは、無意識のうちに利き手を守るためと考えられています。また、横向き寝が脳に良いことが科学的に明らかになってきました。

睡眠は、ヒトにとって最も大切な疲労回復方法の1つです。快適に眠ることが、体にとってどれだけ重要なことであるか、計りしれません。睡眠中に、人にとっても重要なハードウェアである頭を乗せる枕は、大切な疲労回復のアイテムです。

【PR】日本人の45%は横向き寝というデータが。横向き寝専用まくら


脳のゴミについて
横向きに寝ると脳のゴミを除去するのに最も適した姿勢であることが、ニューヨーク州立大学ストニーブルック校の研究より明らかになりました。この研究での脳のゴミとは、仮説ですがアルツハイマー病などを引き起こすと考えられるアミロイドβのことです。

Sleeping in the lateral, or side position, as compared to sleeping on one’s back or stomach, may more effectively remove brain waste and prove to be an important practice to help reduce the chances of developing Alzheimer’s, Parkinson’s and other neurological diseases, according to researchers at Stony Brook University.

アミロイドβなどの脳のゴミの多くは睡眠時に体外へ排出されます。研究者はMRIを利用して、アミロイドβやタウ蛋白などのタンパク質が除去される経路を調べ、仰向け、横向き、うつ伏せの3種類でどの寝方が最も排出が進む姿勢かを調べたそうです。

その結果、横向き寝が最も脳のゴミの排出に適した姿勢であることが分かりました。研究者は、横向きでの睡眠は動物においても最も多く見られると述べています。

アミロイド仮説では、脳が活動した時に生まれる老廃物・アミロイドβ、通称脳のゴミの蓄積がアルツハイマー病発症の引き金と考えられています。その予防は睡眠と密接な関係があるようです。

つまり、睡眠時間は脳にとって大事なクリーニングタイムです。適切な睡眠時間を確保して、脳を掃除するタイミングを確保することが大切ですね。

【PR】日本人の45%は横向き寝というデータが。横向き寝専用まくら